HOME

屋根塗装について

外壁塗装について

会社概要

お問い合わせ

施工事例

banner

 

外壁塗装について

外壁塗装には建物の美観を高める働きはもちろん、外壁そのものを保護するという大切な役割があります。外壁塗装のメリットについては以下のようなものがあります。

・塗装することにより、不動産価値を高めます。
・外観を美しく整える
・外壁を保護し、耐久性や防水性を高める
・塗料の機能によっては断熱効果、遮熱効果、またセルフクリーニング効果などがあります。

◆耐久性
外壁塗装は外壁の耐久性を高めます。
塗料の主な種類には、耐久性の弱い順からアクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系があります。
フッ素系塗料は耐久性に優れており、風雨や直射日光にされても最も傷みやすい屋根材の塗料に用いられるケースが増えています。
現状外壁の塗り替えに最も用いられている塗料は、耐久性と価格のバランスがよくコストパフォーマンスに優れたシリコン系塗料となっています。
◆防水性・透湿性
外壁にはは水分や湿気に弱いものもあるため、塗装によって防水性を高めて外壁を傷みから守り、湿気・雨漏りなどを防ぎます。
また結露を防ぐためには、水分を遮断し湿気は通すという透湿性も重要になります。
◆断熱効果
冬は暖かく、また夏は冷房効果を高める働きがあります。
遮熱効果のあるものと併用することで効果が高まります。
◆遮熱効果
直射日光による外壁や屋根表面の温度上昇を抑える遮熱効果で、室内の温度変化を軽減します。
夏場の冷房効果を高め、また断熱効果のあるものと併用することで冬場の室温も安定します。

外壁塗装の流れ

 

@洗浄

高圧洗浄機を使用して、苔・ホコリ等を丁寧に除去します。

高圧洗浄作業中

洗浄後

高圧洗浄作業中

 

洗浄後

 

Aコーキング処理(クラック及び、欠損部の処理)

窓サッシの四隅の欠損部分。

欠損部

欠損部補修後

欠損部

 

欠損部補修後
(欠損部は目立たなくなりました。後はしあげを待つだけです。

 

Bシーラ及び、サーフェーサー(目止め材)を使用(モルタル壁や痛みの激しい場合)

外壁の微細クラック、目止め、仕上がりを安定させるための作業。お化粧のファンデーションと一緒です。

サーフェーサー塗装作業中

サーフェーサー塗装作業中

C下塗り、上塗り ※素材によって作業行程が変わります。

仕上げ材を塗装することによって、美観を整え、外壁への劣化を遅らせます。
オプションにより、遮熱・断熱性能のものもあります。

下塗り、上塗り塗装作業中

下塗り、上塗り塗装作業中

 

外壁塗装のタイミング

 

こんな症状ありませんか?
外壁を触ると手が白くなる
外壁にひび割れができている
色あせしている
塗装がはがれている
藻がはえている